労災病院医師求人ガイド【※転職サイトを厳選比較】

労災病院に医師として転職するなら

各都道府県に点在している労災病院。求人はハローワークでも探す事は出来ますが、より効率的に探すならやっぱり転職サイトが便利です。

転職サイトもいろいろありますが、求人数や転職成功実績で人気なのがリクルートドクターズキャリアです。全国の医師求人を網羅しているので労災病院の求人ももちろん見つけられます!

労災病院の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
労災病院の医師の求人なら30年の歴史があるリクルートドクターズキャリアが安心です。
常時1万件以上の医師転職専門のプロが案件があるので労災病院の医師の求人も探せます。
・医師専門のキャリアアドバイザーが労災病院へ転職したい医師を最後まで徹底サポート!



医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
医師の募集案件が39000件以上と業界No.1で労災病院の求人も必ず見つかります。
・労災病院の医師求人の紹介から見学のセッティングや面接の段取りまで満足度94.7%!
・条件交渉代行で年収の上昇率も146.6%を誇る医師転職ドットコムで労災病院へ転職!



MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★
【当サイトがお勧めするポイント】
・労災病院への転職ならソニーグループが運営していて信頼できる医師支援エージェントで!
・専任のコンサルタントが全国にある労災病院の中からご希望に合った医師求人をご案内
約20万人の医師が登録し紹介実績も最多なので希望する労災病院の診療科も探せます。



労災病院の医師の転職事情は?

労災病院とはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが厚生労働省が所管している、独立行政法人労働者健康福祉機構が運営している病院のことです。国内初の労災病院は1949年2月に福岡県の北九州市に開設された九州労災病院で、同年10月から財団法人労災協会に運営が委託されました。労災病院は全国に2つの分院含み32ヶ所ありますが、2011年度の時点で病床数が1万2832床で働いている職員数は1万4090名でした。また2011年度の国の労災病院事業の予算額は2755億円でしたが、例え赤字でも国費の投入などはなく診療費などによって運営が行われています。

労働者健康福祉機構が全国にある39の労災病院を一つの法人として運営していますが、労災病院はその規模・内容・構造ともに国立病院と同じレベルと水準があります。労災とは労働災害の略称ですが労働者災害補償保険法で労働者が通勤中や仕事中に怪我・病気・障害・死亡した場合は、事業主は労働者に対して療養費用や休業中の賃金などに対して補償責任が生じます。労災病院では労災補償政策の医療面のセイフティネット機能としてじん肺やせき損などの労災疾病や、アスベストや最近なにかと問題になっているうつ病などのメンタルヘルス面のケアなども行っています。

労災病院の特徴としては採算面から民間の病院では、治療が行なわれない可能性がある医療も実践している点です。さらに高度で専門的な医療の提供に加えて労災疾病に関する調査研究や、労災疾病に掛かった労働者の職場への早期復帰に向けた先導的な医療の実践や、過労死の予防などの産業保健の実践や労災保険給付に係る医学的な判断の提供なども行っています。労災病院の医師の転職事情ですが多くの労災病院でも他の医療機関と同様に、医師が慢性的に不足しているのが現状です。

特に2000年に医師法が改正され2004年から医学部を卒業し医師免許を取得してから、2年間は臨床研修が必修になってことで全国の大学病院や研修病院では、医学部を卒業した医師の囲い込みが行われました。その結果として全国にある病院ではどこも医師が不足し労災病院でも、中には極端に医師不足に苦しみられているところもあります。労災病院では全国にある他の労災病院とのネットワークを活用し、初期臨床研修が終了後の専門領域の研修制度として後期臨床研修医を積極的に受け入れています

国立病院と同様に最新の医療機器や手術設備を備え労災医療に精通した医師の養成を推進している、労災病院への転職に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや、医師転職ドットコムに登録されると労災病院の求人に精通して担当者が内部事情や求人の紹介を行ってくれます。

労災病院の医師の採用基準は?

勤労者医療の中核的な役割を担うため働く人々の職業生活を医療の観点から支えるという理念の、労災病院の医師の採用基準は他の病院と比べると多少は違っています。労災病院では勤労者の病気や怪我の予防から治療やリハビリテーションまで、勤労者が職場に復帰できるまで一貫した高度でかつ専門的な医療の提供を行っています。さらに職場における健康管理や維持のための、活動支援を目的とした労働政策を推進しています。

労災病院は総合せき損センターや吉備高原医療リハビリテーションセンターを含めて全国に34ヶ所あり、 医師や看護師など約1万5000人のスタッフを抱え総病床数は1万3067床の日本国内でも有数の大病院です。厚生労働省所管の独立行政法人の労働者健康福祉機構が運営していて国立病院と並び、高度な医療機器が設置され最新レベルの医療を地域の住民の方々に提供しています。さらに近年では作業関連疾患が増加しているため早期の職場復帰と、治療と仕事の両立支援のための保健医療の提供やその対応も行っています。

勤労者医療とはあまり聞き慣れない言葉ですが勤労者の健康と、職業生活を守ることを目的として行う医療行為やそれに関連することを指します。具体的には疾病と作業と職業環境の関係を正確に把握し、それをもとに働く人々の疾病の予防・早期発見・治療・リハビリテーションを適切に行い、職場と連携して勤労者の早期の職場復帰や疾病と職業生活の両立を促進することです。

また労災病院には疾病と職業の関係についての研究成果や豊富なデータの蓄積があり、それらを通して働く人々の健康の保持や増進や職場復帰のための医学的な支援を行う総合的な医療の実践を言います。そのため労災病院の医師の採用基準は一般の市中病院とは異なり、少しでも労務の知識があったり勤労者医療に関心があることが前提になります。さらに殆どの労災病院では救急告示や災害拠点や二次救急に指定されているので、地域の救急医療活動に積極的に協力していく姿勢があるかも問われます。

一般の市中病院では対応が困難な病気の治療なども行っている労災病院の医師の採用基準についてもっと詳しくお知りになりたい方は、このサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が労災病院の医師の採用基準だけでなく、求人情報などについても詳しく教えてくれます

労災病院の医師の募集時期は?

労災病院では全国にある34の労災病院で11のコースで、22種類のプログラムを用意して積極的に後期臨床研修医を受け入れています。職業性疾病の予防や労働災害による治療からリハビリテーションなどの労災医療を行なっていて、北海道から九州まで全国各地に設置された労災病院が協同で後期臨床研修医の指導に力を入れています。研修医の募集人数は全コースで7〜8名で例えば都市部では関東労災病院と横浜労災病院と、地方では北海道の美唄市にある北海道中央労災病院せき損センターと青森労災病院と秋田労災病院です。

それぞれ急性期・高度医療・地域医療・専門医のための、専門医療コースでさまざまな研修を行なっています。ただそれぞれの労災病院で研修の目的と特徴があり関東労災病院では、専門医の資格取得を視野に入れたストレート研修による教育プログラムが準備されています。関東労災病院は京浜重化学工業地帯の被災労働者対策と地域医療が目的で、1956年11月1日に開設された病床数が610床の急性期型総合病院です。現在では川崎市の中部地区の中核病院として大事な役割を担っていて、勤労者リハビリテーションセンターや勤労者メンタルヘルスセンターなど多くの専門センターがあります。

スポーツ整形外科やリハビリテーション科は全国的にもトップレベルで、後期研修プログラムは各診療科でのストレート研修が基本ですが、キャリアアップに必要なローテーションなどのサブプログラムにも柔軟に対応しています。1991年6月に開設され病床数が650床の横浜労災病院でも初期研修終了者を対象に、各診療科でそれぞれの専門分野において必要とされる知識や技術を修得できる後期研修プログラムが用意されています。希望する診療科で独自の後期専門研修を行っていますが、後期研修を通じて勤労者医療や高度専門医療を学ぶことが可能です。

多くの専門医学会から研修施設の認定を受けている釧路労災病院では、内視鏡検査・鏡視下手術・循環器のインターベンションなど、高度の医療技術が学べる後期臨床研修プログラムが用意されています。労災病院の医師の募集時期は全国にある労災病院のホームページでも知ることができますが、もし労災病院への転職に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されることをお勧めします。

転職エージェントの担当者が後期臨床研修医だけでなく、労災病院の医師の募集時期や詳細についても教えてくれます


Copyright (C) 2015-2018 労災病院医師求人ガイド【※転職サイトを厳選比較】 All Rights Reserved.